コロナ禍に立ち上げた会社であるからこそ、今まさに困っている人々・企業へ向け、あるべき姿へ近づける商品、サービスの提供をし続けます。


企画から製造販売までトータルパッケージの新商品開発

お客様の「欲しい」を具現化し、その先にいる悩みを抱えているエンドユーザーを助けるため、企画から製造、販売促進ツール制作を実施。燕三条のものづくり技術を結集しニーズを形にします。


VRコンテンツ制作によるソリューション提供

360°の技術を活用してまるでその場にいるかのような VR(バーチャルリアリティ)を作成します。 より会社や商品等の魅力を疑似工場見学から訴求できることで 受注へ繋げる手段として活用できます。

VR×工場 

工場見学をしてもらうことで加工技術や設備を伝え受注へ繋げます。

VR×不動産

住宅等の内見として活用することで成約率の向上、内見の効率化が見込めます。

VR×観光

ホテルや観光地の下見の利用で購買意欲を高めます

VRX小売り 

お店の雰囲気を伝えながらショッピングサイトへの誘導が可能です。


ファブ機器活用を元としたEKILABの運営 

(JR東日本支社 共同事業)

Ekilabは、 無人駅(帯織駅)を利用した ものづくりのHUBシステムであり、ものづくりの交流拠点です。 (2020年10月オープン予定)


地場企業商品のECサイト運営

地場産業にある既存商品、そして私たちの携わった新商品を広く全国に発信することで、人々の困りごとを埋め、あるべき姿になるお手伝いをします。

(2020年8月開設予定)